感謝と敬いの気持ちで…櫛引八幡宮の神葬祭


神葬祭の流れ
出棺祭
出棺祭とは、故人の御霊を御霊代の遷し、火葬をする準備をします。
神職が祭詞を奏上し、遺族や参列者が玉串を奉って拝礼する。

火葬祭
火葬祭とは、火葬場にて遺体を火葬し、遺骨を納め持ち帰ります。
神職が祭詞を奏上し、遺族や参列者が玉串を奉って拝礼する。

帰家祭
帰家祭とは、火葬場より戻られてから執り行います。
神職が祭詞を奏上し、遺族や参列者が玉串を奉って拝礼する。

通夜祭および遷霊祭
通夜祭とは仏式の通夜に当たるものである。
遷霊祭とは、神職により遺体から霊璽(れいじ)へ魂が移される。

葬場祭
故人に対し最後の別れを告げる、神葬祭最大の重儀。
弔辞の奉呈、弔電の奉読、神職による祭詞奏上、玉串奉奠などが行なわれる。
仏式の葬儀・告別式に当たる。

埋葬祭
墓地に遺骨を埋葬する儀式。墓の四方に竹を立てて注連縄で囲い、祭詞奏上、遺骨の埋葬、遺族の拝礼が行なわれる。

帰家祭および直会
埋葬を終えて戻り、神職のお祓いを受け御霊前に葬儀が、滞りなく終了したことを報告する。
この後、直会(なおらい)を行なう。直会とは、普段と違う祭儀から普段にもどる、「直り会う」事と、長い時間祭儀に奉仕または、参列した皆さんの労をねぎらう事です。
これによって葬儀に関する儀式はすべて終え、これより後は、御霊祭(みたままつり)として行なっていく。

御霊祭
十日祭、五十日祭、百日祭、一年祭と続きます。
仏式でいう初七日が十日祭、四十九日が五十日祭に当たります。
一年祭以降は、三年祭、五年祭、十年祭と続き、その後も御霊祭を行ないます。

※葬儀・御霊祭については、地域によりこの限りではありません。
   また葬儀を行なう場所によっても異なりますので、詳しくは神社まで御相談下さい。


【櫛引八幡宮 社務所】 〒039-1105 青森県八戸市八幡字八幡丁3 TEL: 0178-27-3053  FAX: 0178-27-0652