神社内建物紹介


本殿
御祭神:誉田別尊(ほんだわけのみこと):八幡大神(はちまんおおかみ)
江戸時代/三間社流造・銅板葺  慶安元年(1648年)建立  【国指定重要文化財】
本殿 本殿
「南部一之宮」にふさわしく、当時の規矩にかなった正規の構造手法が認められるものであり、その構えは壮大でかつ優美であり、屋根の流れの曲線の美しさは特筆に値する。
江戸時代前期のものであるが、桃山時代の遺風が察しられる名建築である。
櫛引八幡宮 本殿の彫刻をご紹介致します。

拝殿
桁行15年・向拝3間・入母屋造・銅板葺  昭和59年(1984年)竣工
拝殿 拝殿

現在の拝殿は昭和59年11月に竣工したものである。

末社 春日社
御祭神:天津児屋根神(あまつこやねのかみ)
江戸時代/一間社春日造・銅板葺  元文4年(1739年)勧請   【国指定重要文化財】
末社 春日社 本殿に向かって左側、先の神明宮と対称の位置に奉られている小さな社殿である。
小規模ながらも正規の一間社春日造の形式である。

松福稲荷神社(しょうふくいなりじんじゃ)
御祭神 倉稲霊神(うがのみたまのかみ)
松福稲荷神社 京都の伏見稲荷大社より御分霊を勧請し、もとは松下ライフエレクトロニクス株式会社(旧ナショナル社)に祀られていたが、平成十七年に会社が仙台に統合される為に、当宮に遷された。

悶破稲荷神社(もんぱいなりじんじゃ)
御祭神 倉稲霊神(うがのみたまのかみ)
悶破稲荷神社 神名の稲荷は、いなりの音「生成り」から来るとも云われ御神徳は稲のみならず、全ての植物はては万物の成長・商売繁盛・社業繁栄・発展である。
また、この悶破稲荷神社の御神徳として、その神社名の通り心の悶々とした苦しみや、悩み迷いを打ち破り、払って下さると云われます。

末社 神明宮
御祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
江戸時代/一間社流造・銅板葺  元文4年(1739年)勧請   【国指定重要文化財】
末社 神明宮 本殿に向かって右側に奉られており、小さなものではあるがその形がよく整っており、見た目にも美しい社殿である。
ここに勧請されたのが元文4年(1739)と伝えており、先に見た本殿や拝殿などよりも新しい手法が見られるが、今では、八幡宮社殿として一体のものである。

合祀殿
合祀殿 大国主神(おおくにぬしのかみ)をはじめ、十五柱の神々をあわせてお祀りしております。

長所(旧拝殿)
江戸時代/桁行七間・向拝一間・入母屋造・銅板葺 慶安元年(1648年)建立  【国指定重要文化財】
長所(旧拝殿) 長所内部小壁の草花文彩色画 舟肘木に一軒の疎垂木という簡素な造りの拝殿ではあったが、本殿に対しても建て揚げが低く落ち着いた感じで、開口部の風土性豊かな構造ともあいまって、実に、好感のもてる建物であった。
移築後も旧姿をよくとどめており、本殿と一体のものとしてあった時の形が偲ばれるものである。

正門
江戸時代/四脚門・切妻造・銅板葺  慶安元年(1648年)建立   【国指定重要文化財】
正門 正門
四脚門は、平屋の門のなかで最も格式の高い形式であり、「南部一之宮」の正門として、相応しい構造形式を取っているものである。
正門は、切石の礎石を置き、木製の礎盤と唐居敷の上に建っている。

国宝館
国宝 赤糸威鎧兜大袖付 他24点の文化財を収蔵。
国宝館 国宝 赤糸 威 鎧兜大袖付 附唐櫃ほか重要文化財・県重宝・市文化財など計25点の文化財を収蔵・展示しております。

【床面積】214,2平方メートル(64,82坪)
【館 内】旧国宝館よりも大幅に広くなり、文化財を落ち着いた空間のなかでゆっくりご覧いただけます。また、音声解説は日本語と英語でのご案内です。

【閉館日】なし(1年を通して毎日参観することができます)
【開館時間】9:00〜17:00
【入館料】大人:300円/大学・高校生:200円/小・中学生:100円
(※団体割引あり)

祖霊舎
昭和42年(1967年)竣工
祖霊舎 内部は一部が弓道場となっており、奥が祖霊舎となっている。
祖霊舎(それいしゃ)は神道式にて葬儀を執り行う神葬祭の方々の御霊璽(みたましろ)をおさめており、毎朝、祖霊等の御霊の安らかなる事と、各家の家内安全・子孫繁栄をお祈り申し上げている。

明治記念館(旧八戸小学講堂)
明治14年(1881年)竣工
明治記念館(旧八戸小学講堂) 明治12年(1879)11月に立柱式を挙げ、明治14年(1882)8月に完成した八戸小学講堂は、県内に現存する洋風建築では最古のものである。

校舎が完成した明治14年8月に明治天皇の東北御巡幸があり、落成したばかりのこの講堂が、行在所として用いられた。
昭和4年には「八戸市図書館」として使用され、後の昭和37年に櫛引八幡宮境内に移築され「明治記念館」として現在に至る。

社務所
社務所 社務所
祈祷等の受付場所です。また、色々なお問い合わせの窓口やお守り等の授与所となります。建物の雰囲気は重いですが、お気軽にお声掛け下さい。

八幡馬
八幡馬 「御神馬」と刻まれた台座の上に、注連縄をまとった花崗岩の八幡馬が置いてあります。

橋 正門前には朱色の太鼓橋がかかっています。両側には平らな道があります。
池には大きな鯉がゆうゆうと泳いでいます。

手水舎
手水舎 手水舎とは、神社に来ましてまず手と口を清める場所です。
順序は…左手を清め、次に右手を清め、口を清めます。

大銀杏
大銀杏 大銀杏
長所(旧拝殿)には大銀杏があります。
秋には黄色の絨毯ができ、七五三の文字で来る人の目を楽しませています。

流鏑馬
流鏑馬 奉納神事 流鏑馬
八戸根城南部 第四代師行公が、天下泰平・武運長久・領内安穏・子孫繁栄を祈願して奉納したのが、創始と伝えられ、現在も秋の例大祭で行われます。


【櫛引八幡宮 社務所】 〒039-1105 青森県八戸市八幡字八幡丁3 TEL: 0178-27-3053  FAX: 0178-27-0652